• ホーム > 
  • しんせい塾について > 
  • 「しんせい塾」は何を目指すのか?
「しんせい塾」は何を目指すのか?

「しんせい塾」は「日本一の有名塾にしよう」「たくさん利益をあげよう」などということは全く考えていません。満足度の日本一だけを目指しています。
教師が欲を出さずに、拡大路線に進まずに、自分たちが面倒を見られる人数の生徒だけをお預かりし、(=教師の質を落とさない)地元に根ざして運営していこうと考えています。

そして、その満足度を高めるためには「全員の第一志望合格」を達成しなければなりません。

お預かりする子供たちの学力や志望校は様々です。その力と希望をできるだけよい形で実現させたいというのが我々の考えです。ですから偏差値だけでこの学校は無理だと判断したり、高い偏差値を取っている生徒に志望と違う無理な受験をさせたりすることはありません。

同じ偏差値の子供でも同じ問題が解けるわけではありません。同じ偏差値の学校でも同じ問題が出るわけではありません。子供の偏差値と学校の偏差値だけにとらわれずに、入試問題の傾向や偏差値からは見えない個々の特性や問題点を見抜き、「一人一人の第一志望校合格を目指し、将来的にも力をつけられるように責任を持って指導していくこと」を目指しています。

しんせい塾は小さい塾なので合格者の人数は少ないです。従って我々が目指しているのは合格率をあげることです。
たくさんの合格者を出している塾では、実際には同時にたくさんの不合格者も出しています。そしてどんなに多くの合格者がいたとしても自分の子供が合格しなければ意味がありません
第一志望合格率を高めていくことこそ、本当に満足度の高い入試になると考えています。

ではどのくらいの保護者の方が納得して、安心して、信頼して受験の日を迎えられているでしょうか?
実はそのような「やって良かった」と思えるような幸せな受験を経験されている方は案外少ないのです。

不満はあるけど、受験学年だし、今更転塾もできない。先生のやり方が気に入らないけど、クレームを言うと子供がいじめられると困るので何も言えない。納得のいかないことも多いけど通塾できる範囲に塾はないから仕方ない。あるいは、多くの不満と悩みを抱えながら、先生が忙しそうだからと相談も出来ずに受験を迎える……そんな方がたくさんいらっしゃるのです。はたして、それで良いのでしょうか?

たくさんの時間とお金とエネルギーを使って受験をするのです。
できうる限り納得のいく受験にしたいとは思いませんか?